上尾中央看護専門学校は心と心をつなぐ看護で、あなたの夢育みます。

学校概要

挨拶

上尾中央医科グループ会長 中村康彦
上尾中央医科グループ会長 
中村 康彦

信頼関係を築きあげる、看護実践者の育成

 上尾中央看護専門学校は、多くの看護師を育成し、社会に貢献できる優れた人材を輩出している伝統と実績のある学校であります。
 本校の設置母体上尾中央医科グループは「医療」「福祉」「教育」の三つの柱を基本とし、埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・茨城県・山梨県・群馬県の1都6県に28の病院、21の介護老人保健施設、クリニック等を開設し、地域に貢献してきました。
 昨今、医療制度や社会の状況など医療を取り巻く環境は常に変化をしています。
 そうした社会情勢の中でもしっかりと看護師としての役割を認識し、患者様・利用者様・地域の皆様との温かいコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築きあげる、看護実践者の育成を目指しております。自らの能力を高め、新しい時代の看護を担おうとする、意欲のある学生の入学を心よりお待ちしております。

学校長 柳谷良子
学校長 柳谷 良子

人としての優しさや思いやり

 本校は、優秀な看護師を輩出するために、1979(昭和54)年に開校し、2019年に創立40年を迎えた歴史と伝統のある看護学校です。
 学生のニーズに対応できる高い資質を備えた看護教員、充実した教育設備、そして上尾中央医科グループの病院・施設を中心に、臨地実習施設も充実しています。看護師としての専門知識や技術、また人としての優しさや思いやりを大切にした教育を実践しています。
 2025年に向かって医療介護制度は変化し、住み慣れた土地で最後まで生活できる環境を作りだすために医療・介護の一体化が、ますます進んでまいります。その中でも常に患者様やご利用者様に寄り添ったサービスを提供する看護師の役割は重要です。これからの時代を担う看護師として、ぜひ、当校で学んでください。心からお待ちしています。

副学校長 志水 綾乃

看護師は素晴らしい職業です

 本校は第一学科(3年課程全日制)、通信学科(2年課程通信制)の2つの学科をもつ看護専門学校です。
 看護は「すべての人」に対して「健康」の視点でその方を支える素晴らしい仕事です。
 医療環境や社会環境の変化に対応し未来をきり拓いていける看護師の育成のため、人間を深く理解する、科学的根拠をもつ、統合力と実践力をつけるを重点にカリキュラムを構築しています。
 優秀で人間性豊かな教師、充実した教育設備、そして上尾中央医科グループの多くの病院・施設を中心に、臨地実習施設も充実しています。
 この恵まれた環境で看護師への道を共に目指してみませんか。応募をお待ちしております。